「合成香料」について|敏感肌の悩み改善!口コミで人気のお肌に優しい無添加の化粧品をランキング

サイトマップ

合成香料について

化粧品に香りをつける理由は何でしょうか。化粧品を使うときには、嫌な香りがしたり香りがないものよりも、良い香りがするものの方が良いと思われる人がほとんどだと思います。香りによって気分がリラックスしたり、安眠効果を感じることもあるでしょう。そのため、化粧品において香りというのは、とても重要なものになっていると言えます。

実際、化粧品に入っている香料は、合成香料というものが多く、たくさんの化粧品に使われています。自然由来や植物由来のものしか使わない場合は、天候などの自然環境に大きく左右されるからです。同じ香りを維持していくのはとても難しく、安定供給するためには多くのコストと労力がかかってしまうのです。ですので、化粧品メーカーからすれば、同じ香りを安定的に出すことができ、コストも安くできるということであれば、当然、合成香料を採用することは容易に考えられます。ですが、人工的に作られた合成香料はアレルギーやホルモンバランスの乱れを促すということも言われています。

そのため、最近では合成香料が無添加な化粧品も増えてきており、香り自体がほとんどないものや、エッセンシャルオイルなど自然の植物由来とした成分で香り付けをしているものもあります。エッセンシャルオイルの香りはアロマでも活用されており、副交感神経の働きを活発にし、リラックス効果を高めてくれますので、おすすめです。ぜひ化粧品を選ぶ際は、香料に何を使っているのかを確認してみてください。

無添加化粧品の種類・化学成分について

▲ページトップへ戻る