「パラベン」について|敏感肌の悩み改善!口コミで人気のお肌に優しい無添加の化粧品をランキング

サイトマップ

パラベンについて

過去に化粧品で肌が荒れたり、肌が弱い方はパラベンという成分は聞いたことがあるかと思います。とても知名度は高く、よく知られている成分の一つでしょう。ですが、化粧品のパッケージに表記されている成分名は、パラベンとは表示されずに「パラオキシ安息香酸エステル」と書いてあり、その他にもいろいろ種類があります。

パラベンの特徴は、とても強い殺菌力を持っており、腐敗を防止し化粧品の長期保存に役立つとされています。ですが、やはり肌にはとても負担がかかってしまいます。肌荒れや吹き出物の原因になったり、ホルモンバランスの乱れ、ひどいときにはアレルギーを引き起こしてしまう原因にもなるのです。そのため、表示指定成分にも義務付けられていましたし、いまは化粧品への使用濃度を1%未満ということで限られています。

ではなぜ、いまだにパラベンを使う化粧品があるのか?それは各メーカー様々な見解があるとは思いますが、パラベンを使用することは処方技術者にとって一番簡単なやり方だと言えると思います。パラベンほどいろいろな菌に効果のある防腐剤は少なく、他の防腐剤と組み合わせて一つの化粧品を作るというのは、簡単そうでとても大変なことで、技術力も必要になってきます。

また、パラベンは実は化粧品だけでなく、食品や飲み物、医薬品などいろいろなジャンルで使われているのも事実です。化粧品ではパラベンが入っていないものを選んでいるけど、食品でパラベンが入ったものを食べているといのも、おかしな話ではあります。さらに研究者によっては、パラベンは化粧品の1%未満の配合量であれば何も問題がないという人もいると言われています。

ですので、敏感肌や肌の弱い方にとって何が大切なのかというと、自分が使っている化粧品や購入しようとしている化粧品ににまずは何が入っているかをきちんと把握することが大切です。そのうえで、自分の肌に合うかどうかのパッチテストを使用前にきちんと行うことが、自分の肌を守り強くすることにつながると思います。

無添加化粧品の種類・化学成分について

▲ページトップへ戻る