「酸化防止剤」について|敏感肌の悩み改善!口コミで人気のお肌に優しい無添加の化粧品をランキング

サイトマップ

酸化防止剤について

酸化防止剤とは、空気中の酸素を取り込んで酸化することを防ぐ成分です。化粧品だけでなく、油脂の酸化や腐敗を防止したり、食品の変色を防ぐ目的で、添加されているものもあります。化粧品によく使われる合成の酸化防止剤は、ジブチルヒドロキシトルエン(表示名称:BHT)、ブチルヒドロキシアニソール(表示名称:BHA)、没食子酸プロピル(表示名称:没食子酸プロピル)、トコフェロール(表示名称:トコフェロール)があります。これらは旧表示指定成分になりますので注意が必要です。

実際化粧品には、空気中の酸素によって酸化されやすい成分が多く使われており、たとえば、油脂や香料、界面活性剤、ビタミンなどです。酸化するとアルデヒドといった物質ができ、悪臭を発したり肌を刺激したりします。また、紫外線や老化によって皮膚の細胞自体が酸化してしまい、肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

ですので、なるべく肌にやさしい酸化防止剤を選ぶことがとても重要になります。天然成分でいえば、ローズマリーなどがあたります。ぜひ参考にしてみてください。

無添加化粧品の種類・化学成分について

▲ページトップへ戻る