「紫外線吸収剤」について|敏感肌の悩み改善!口コミで人気のお肌に優しい無添加の化粧品をランキング

サイトマップ

紫外線吸収剤について

紫外線吸収剤とは、肌に当たった紫外線を吸収し、熱や赤外線などのエネルギーに変えて放出することで肌への浸透を防ぐ成分になります。ところが肌に負担も大きく刺激を感じたり、細胞を傷つけたり、がんを発生させる可能性もあると言われています。

紫外線を浴びている間ずっと化学変化を起こし続けていくため、時間が経ってしまうと効果が弱くなってしまいます。よく「日焼け止めは定期的に塗りましょう」と書かれてあるのは、日焼け止めを塗って紫外線を浴び続けることで徐々にその効果が弱まってしまうためです。

日本の化粧品メーカーでよく使われる紫外線吸収剤は3種類で、4-tert-ブチル-4'-メトキシジベンゾイルメタン(表示名称:t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン)、パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル(表示名称:メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)、2-ヒドロキシ-4-メトキシベンゾフェノン(表示名称:オキシベンゾン-3)です。なんと紫外線吸収剤配合の化粧品の約75%が配合されているのです。

肌にとって紫外線は大敵ですし、それを防ぐための紫外線吸収剤も必要な場合もありますので、紫外線吸収剤を使用する際はしっかりと落とすクレンジング・洗顔がとても大切になります。ぜひ心がけてください。

無添加化粧品の種類・化学成分について

▲ページトップへ戻る